自宅で顔のたるみを取るマッサージ

顔のたるみを取るマッサージというものがあるので、覚えておくと良いです。

気軽に顔のたるみマッサージの情報を公開しているサイトです。

基本的にはリンパにそって行うのがおすすめで、老廃物が溜まっていると顔がむくみやすくなってしまい、結果的にたるみにつながるのですが、マッサージをすることによって流れやすくなります。

まずは鎖骨の上下をさすってやりましょう。ここを始めにやっておく理由は、最終的に落ちてきた老廃物の終着点になるからで、この部分が詰まっているといくらやっても意味がないからです。


次に顔のたるみを取るためのマッサージはおでこに移ります。


細かく円を描くようにやっていき、まぶたのくぼみ、涙袋、小鼻の横、こめかみ、顎の周り、首筋が終わればまた鎖骨を行なって終了です。注意しておきたいのは、できるだけ毎日やっておくことです。一度サボってしまうとそのまま忘れてしまう可能性があるからですが、習慣にしてしまえば続けるのはそれほど苦にはなりません。

それから早く顔のたるみを取りたいからとマッサージを一生懸命やってしまいがちですが、力を入れ過ぎると肌を傷めるので避けておきたいところです。
理想なのは心地良いと感じる程度で、どうしても力が入ってしまうなら、フェイスクリームなどを塗って滑りを良くしておくと摩擦を減らせます。

ビジネスジャーナルの情報を簡単に探すことができます。

無意識のうちに爪を立ててしまうこともあるので、必ず指の腹を使うようにして、人差し指だと強く押し過ぎる場合は中指か薬指で行うようにしておくと程良い感じでやれる場合が多いです。