マッサージで顔のたるみを防ごう

最近老けたように感じるという方、それは顔のたるみのせいかもしれません。

頬や顎の肉がたるむと張りの無い印象になり、老けて見えます。

たるみの原因は老廃物や脂肪が溜まるからで、それを予防するためには老廃物や脂肪が流れるリンパ腺の流れをスムーズにしなければなりません。

また血液の流れが悪くなると酸素や栄養が運ばれにくくなり、脂肪を蓄積したりむくみの元になります。

ですから、マッサージをしてリンパ腺と血液の流れを良くしましょう。

まず、指の腹を使い口角から耳に向かって頬の肉を持ち上げるように撫でます。

顔のたるみマッサージの最新情報をご提供します。

それから、同じように鼻の横から耳へ向かってやります。

顎も目立ちやすいので、顎先に親指をあてて耳に向かって滑らせます。


老廃物を流すようなイメージで数回続けてマッサージします。

今までになかったgoo ニュース情報をお届けします。

マッサージをする際は、摩擦に気を付けなければいけません。

強い摩擦が起きると皮膚が傷ついてたるむ原因になるので、保湿力の高いクリームやゲルを使うようにします。


重力の重みで肉が引っ張られてしまうので、できれば毎日朝と夜の2回マッサージをすると高い効果が期待できます。それが難しいという人は、マッサージをしながら洗顔をするのが良いでしょう。

クレンジングオイルを付けて、優しく撫でるように、顔の下から上に、中央から外側に向けてやります。


忘れてはいけないのが頭皮です。



頭皮は顔の皮膚と繋がっていて、頭皮が固まっていると顔もたるみやすくなります。ですから、シャンプー時に頭皮のもしっかり揉んで柔らかくすることがたるみを予防する近道です。